※お知らせ※



クリアネオが従来のボトルタイプからチューブタイプになり、さらに使いやすくなりました!
詳しくは公式サイトにてご確認下さい

すそわきが対策にはどんなナプキンが良いの?

下腹部を押さえる

 

 

陰部を中心に嫌な臭いが発生してしまう、いわゆる『すそわきが』

 

ふとした瞬間に自分でも分かるほど臭ってきて、『なんで自分が…』なんて嫌な気分になってしまいますよね。

 

 

そんなすそわきが、生理の前後には、経血による蒸れによって臭いが悪化することもあります。

 

 

その時、ナプキンには気を遣っていますか?

 

ナプキンの素材や使い方次第で、臭いは半分にもなったり、2倍になったりもします。

 

 

ここでは、すそわきが対策に適切なナプキンの選び方や、気を付けるポイントなどを見ていきましょう。

 

 

 

 

 

ナプキンは臭い悪化の原因になる?

 

 

なります。

 

すそわきがの臭いは、一般的なワキガの臭いに比べて強くなりがちで、その臭いも独特だったりします。

 

 

それは何故かというと、原因はもちろん『蒸れ』にあります。

 

ワキガ臭の原因になる「アポクリン汗腺」から出た汗を、皮膚にいる『菌』が食べる事によってワキガ臭が発生します。

 

雑菌のイラスト

 

 

想像通り、蒸れた場所というのは菌が繁殖しやすいので、すそわきがは通常のワキガに比べて臭いが強くなりがちです。

 

 

それに加え、生理中は経血によってさらに蒸れ、菌にとっての栄養など、悪化する要因に満ちた状態になります。

 

 

ここで、ナプキンを蒸れやすい素材にしたり、使い方を間違えたりしてしまうと、さらに臭いに拍車がかかるということです。

 

 

では、実際、ナプキンの素材や形状にはどのような種類があるか見ていきましょう。

 

 

 

 

紙ナプキン

 

オレンジ色の紙ナプキン

 

 

いわゆる『普通のナプキン』という風に考えて貰えれば概ね間違いはないでしょう。

 

市販されているもので、使い捨てで便利なので多くの方が利用しているのではないでしょうか。

 

 

ですが、すそわきがにとって紙ナプキンは非常に相性が悪いものになります

 

昨今の紙ナプキンは確かに吸水性も良く、漏れる心配もありませんが、この『漏れない』ということを追求されているので、非常に蒸れやすくなっています。

 

吸い込むだけ吸い込んで、下は化学物質でコーティングされているのですから、当然と言えば当然ですね。

 

 

ワキガを想像して頂けばわかりやすいですが、紙ナプキンはワキガの方が『パリパリの安いワイシャツ』を着ているようなものです。

 

通気性が悪く、汗も吸ってくれません。

 

 

もしも紙ナプキンを使う場合、こまめに取り替えたりして、なるべく蒸れないようにしてあげることが肝心になります。

 

 

メリット

 

  • 安価で使いやすい
  • 用途や量に応じて種類がある
  • 使い捨てなので楽

 

 

 

デメリット

 

  • 肌がかぶれる
  • 蒸れる
  • こまめな交換が必須
  • 臭いも悪化

 

 

 

 

 

布ナプキン

 


 

 

先ほどのワイシャツの話ではありませんが、あれが『コットン素材のTシャツ』だったらどうでしょうか?

 

今度は汗を吸ってくれるし、通気性も良さそうです。

 

 

布ナプキンはちょうどこれと同じ事で、出来れば布ナプキンがすそわきがとは相性が良いでしょう。

 

 

ただし、布ナプキンの場合は経血の多い方だと『漏れる』心配があります。

 

紙ナプキンに慣れていると、気がついたら下着まで…とういうこともありますので、そこはデメリットと言えるでしょう。

 

 

ですが、紙と比べても通気性も良く、肌にこすれてもかぶれたりしにくいので、やはり布はオススメになります。

 

生理痛も改善される方もいらっしゃるようです。

 

 

 

メリット

 

  • 蒸れにくい
  • 肌に優しい
  • 繰り返し使える

 

 

 

デメリット

 

  • 漏れる心配がある
  • 手入れが面倒

 

 

 

 

 

タンポン

 

 

ナプキンではありませんが、蒸れないという理由ではタンポンもオススメです。

 

慣れた方だと『ナプキンは面倒だからムリ』というくらいですよね。

 

 

人によっては「多い日はタンポン、それ以外はナプキン」と使い分けてる方も。

 

使用者の少ないイメージですが、実は40%ほどの女性はタンポン派なんだそうですよ。

 

 

若干コスパは悪くなりますが、ナプキンと違って肌に触れないし、想像通りに蒸れません。

 

 

『入れるのが怖い』と倦厭されがちですが、最近のものは入れやすく作られていますし、使ってみるとなんてことなかったりします。

 

スティック型やフィンガータイプ、アプリケータータイプ、ソフトタンポン、コンパクトなどなど…

 

たくさんの種類がありますので、食わず嫌いしている方は試してみることをオススメします。

 

 

また、挿入が怖い場合、こういった潤滑ゼリーも使う事で、最初から抵抗なくタンポンに切り替えることが出来ます。

 

 


 

 

 

 

メリット

 

  • 蒸れにくい
  • 肌がかぶれない
  • 長持ちするので、楽
  • 漏れない
  • コンパクトで携帯しやすい

 

 

デメリット

 

  • 挿入が怖い
  • 膣内の違和感
  • 交換時に手が汚れることも

 

 

 

 

出来れば布かタンポンオススメ

 

手に水滴が落ちてきた

 

 

すそわきがに使いたいのは、やはりこうして見れば紙以外になります。

 

『今まで市販の紙ナプキンしか使った事がない』と不安に思われるかもしれませんが、使ってみると案外『あ、こっちの方が自分に合ってる』となることもありますよ。

 

紙ナプキンによって蒸れたり、肌荒れを起こしたりしてしまうと、すそわきがの悪臭はさらに加速してしまいます。

 

 

また、臭いを気にして『香り付きナプキン』を使う方がいらっしゃいますが、絶対にNGです。

 

これはワキガに限らずですが、根本的な臭いを消していないのに、そこに被せるように香りで誤魔化しても、却って混ざり合った臭いはさらにあなたを苦しめる結果になりそうです。

 

 

それでも、様々な事情で紙ナプキンを使う際には、できる限りこまめに取り替えることと、『蒸れない』というキャッチコピーがあるものを使用するようにしましょう(キャッチコピーなので、どこまで本当かは謎ですが…)

 

 

まとめ

 

布かタンポンを使って蒸れないようにしよう

 

 

 

 

 

布ナプキンの使い方と注意点

 

 

ここからは、簡単に布ナプキンの使い方についてご説明します。

 

また、布ナプキンは何度も使う物なので、100%オーガニック布ナプキン【LINTEN】のような、質の良い物を選びましょう。

 

 

『安価な布ナプキン』なんて使うくらいなら、それは紙ナプキンを取り替えながら使っていることと変わりません。

 

ずっと肌に触れることを考えて、必ず良質な素材の布ナプキンを使いたいところです。

 

 

 

 

 

洗い方

 

 

『何度も洗って使うなんて、汚い…』

 

『汚れが落ちなさそう…』

 

『めんどくさそう…』

 

 

と感じるかもしれませんが、実際にやってみればそんな事はありません。

 

洗い方は、汚れが軽度なら普通に洗濯機で洗えますし、気になるようならつけ置きやもみ洗いでしっかり落ちます。

 

 

すそわきがは殺菌が大切になります。

 

菌がナプキンで繁殖していると、ニオイ移りが原因で、いつまでも改善されないからです。

 

 

太陽にしっかり当てたり、セスキ水や漂白剤を使用することで、しっかり殺菌しましょう。

 

家庭用の洗剤だと、染みこんだ汗や皮脂が落ちないことがあります。

 

 

 

 

取り替え方

 

 

長時間の外出や、量の多い方は、サブの布ナプキンを用意して持ち歩くようにしましょう。

 

基本的には、紙ナプキンと同じように3時間前後での交換かと思います。

 

この辺りは、ご自身の感覚なので慣れる他にありませんが。

 

 

肌が触れる面が外に出ないように小さく折りたたむことが出来ます。

 

使用後も同じように肌に当たった部分を中にして折りたためます。

 

 

取り替えるときは、色のついた面を下にして下着に乗せ、そのまま巻き付け、最後にボタンで止める。包帯を想像して頂ければ分かるかと思います。

 

慣れてしまえば1回で把握出来ますので、そこまで身構えることでもありませんよ^^

 

 

 

 

 

布ナプキンが嫌な人、マメに交換出来ない人、タンポンも遠慮な人は

 

 

『紙に慣れているから、布は使いたくない』

 

『布なんて、恥ずかしい』

 

『タンポンは怖いし…』

 

 

なんて、やはり慣れたナプキンが精神的には良いかと思います。

 

学生さんなら、急にナプキンの変更も難しかったりするでしょう。

 

 

そもそもですが、ナプキンを変えることはもちろんですが、肝心なのは『すそわきがをケアすること』です。

 

それを疎かにしていては、結局ナプキンを変えても、陰毛を処理しても付け焼き刃です。臭いは出てしまうんですね。

 

 

すそわきが対策にはクリアネオが1番人気でオススメです。

 

 

すそわきがにもう悩まない

 

 

天然由来の成分により、臭いの原因になる菌を殺菌して、汗も押さえてくれます。

 

肌にも優しいので、ナプキンで荒れたお肌にも最適です。

 

 

使い方は簡単、「塗るだけ」です。

 

塗り続ける事で、肌荒れの改善にも効果が期待でき、さらにすそわきがが臭わなくなります。

 

 

楽天などでもランキング1位を獲得した確かな商品ですので、これで根本的な解決もしましょう。

 

クリアネオは公式サイトにて、安く、しかも『返金保証』まで付いて購入することができますので、公式サイトをご利用するのがベターです。

 

 

クリアネオについて詳しく値段や購入方法などを知るにはこちら

 

 

 

 

ナプキンだけでなく、総合的なすそわきが対策を!

 

陰部が臭い女性に引く男性

 

 

言うまでもないことですし、既に対策はされているかと思いますが、ワキガは体質によるもので、生活習慣の改善などでも悪化したり改善されたりします。

 

食生活をお肉中心にしたりしていませんか?

 

 

肌や体質の改善は、何か1つしただけでは効果が実感しにくかったりもします。

 

総合的に、長期的に行うことが肝心です。

 

(専用のケアクリームを使えば早くなりますが)

 

 

すそわきがの嫌な臭い、様々な角度からケアしてあげることで、一刻も早く自信のあるあなたになって下さいね。

 

 

また、すそわきがに関する情報で、こんな興味深いものもあります。

 

併せてご覧下さい↓

 

すそわきがは恋愛対象になる?
すそわきがの範囲ってどこからどこまで?
すそわきがって、周りの人にバレるもの?