※お知らせ※



クリアネオが従来のボトルタイプからチューブタイプになり、さらに使いやすくなりました!
詳しくは公式サイトにてご確認下さい

すそわきがってどこから臭うの?

股を押さえる人

 

 

すそわきがって、どこから臭ってるの?』

 

『ニオイのもと、範囲は…?』

 

 

一口にすそわきがと言っても、なんとなく『陰部が臭い』『まんこが臭い』『下半身が臭い』という認識ではないでしょうか?

 

そのため、いざケアしようと思っても、陰毛を丁寧に洗えばいいのか、中を洗った方が良いのか、それともおしりの方も気にした方が良いのか分からないと思います。

 

 

正しい知識がなければ、ケアだって意味を成さないかもしれませんよね。

 

そこで、すそわきがのニオイの原因や発生源、範囲について調べました。

 

 

 

 

 

すそわきがは『毛根』が主な原因

 

 

ワキガの原因を振り返ってみましょう。

 

人間には通常の汗の汗腺である『エクリン汗腺』と、フェロモンの分泌を担当する『アポクリン汗腺』があります。

 

 

ワキガ臭の原因になるのは、『アポクリン汗腺』

 

この汗腺が活発になったことにより、普通の人よりもアポクリン汗腺の汗を多くかくことが原因です。

 

 

じゃあ、そのアポクリン汗腺は、陰部周辺のどこに多いのか、というと、それは『毛根』です。

 

多い、というよりも、毛根からしか汗は出ません。

 

 

そのため、『どこから臭う?』という問いには、『毛のあるところ』という認識で概ね間違っていません。

 

ただし、厳密に言うと、アポクリン汗腺から汗をかいただけではワキガ臭は発生しません。

 

 

アポクリン汗腺から出た汗を媒体に、菌が繁殖した時に、始めてすそわきが特有のニオイが発生します。

 

雑菌のイラスト

 

 

なので、正確には『アポクリン汗腺が付着して、菌が繁殖しているところ』ということになります。

 

 

 

 

女性の場合

 

 

VIOライン

 

 

『陰毛』と言うと、ついつい、Yラインを想像するかと思いますが、女性のニオイの主な発生源はIライン(割れ目周辺)からOライン(肛門にかけて)になります。

 

理由としては、おりものなどで蒸れやすく、通気性が悪いため、菌はそこで繁殖しやすいんですね。

 

 

性器の内部だけが臭う場合、すそわきがが原因ではない可能性もあります。

 

もちろん、汗が混ざったりしますので、正確な判断は難しい所でもありますが。

 

 

 

男性の場合

 

 

男性の場合、1番蒸れやすいのは陰嚢(金玉)になります。

 

こちらも上の部分にフォーカスしがちですが、下着が最も多く付着して蒸れるのは下の部分。これは男女共通と捉えれば問題ないでしょう。

 

 

男性のケースだと肛門周辺がニオイが強かったりしますが、これは女性に比べて肛門周辺の毛が濃く、菌がそっちで繁殖しやすいためかと思われます。

 

もちろん、男女ともに個人差がありますので、一概にどこが1番の発生源になっているかは当てはまらなかったりもします。

 

 

 

 

すそわきがの範囲

 

 

先ほども申し上げたように、すそわきがの原因は、直接は毛ではなく『汗』と『菌』です。

 

そのため、範囲はもう少し広がります。

 

毛根から直接ニオイが発生しているワケではないからですね。

 

 

多くの場合は股下部分(Iライン)を中心に、肛門と上の陰毛部分ですが、人によってはもう少し上がってきて、恥丘(下腹部)あたりからもニオイが発生していることもあります。

 

 

毛根が直接の原因ではないので、下着などを通じて汗が付着すれば、極端な話、顔からだって臭う、ということですね。

 

 

 

 

まとめ

 

 

 

すそわきがのニオイがどこから臭うのか、範囲は、という事についてでした。

 

毛根から汗をかき、そこを中心に広がっているようなイメージでしょうか。

 

 

なので、陰毛を処理すると良いというのは、『汗が広がらないようにする』ことと、『雑菌が繁殖しない』ように出来るので有効なんですね。

 

 

対策としては、通気性の良い下着や衣類を身に付けるようにしてください。

 

蒸れる環境を作らないことが大切です。

 

 

また、専用のデオドラントソープなどでしっかり洗いましょう。制汗剤やわきがクリームを併せて使えばなお良しです。

 

トイレに行ったときは、出来るだけビデを利用してください。ビデがついていない場合は、ウェットシートでやさしくデリケートゾーンを拭くようにしましょう。

 

 

すそわきがのニオイを抑えて、自信をもって毎日を生き生きと暮らしましょう。