※お知らせ※



クリアネオが従来のボトルタイプからチューブタイプになり、さらに使いやすくなりました!
詳しくは公式サイトにてご確認下さい

クリアネオに副作用はある?

全身が痒い人

 

強力に臭いと汗をブロックしてくれるクリアネオですが、その強力な効き目ゆえに、副作用がないか心配になりますよね。

 

 

結論から申し上げると、クリアネオにも僅かですが副作用の危険はあります。

 

 

口コミなどを調査した結果、唯一見受けられる症状は『軽度の肌荒れ・かぶれ』といったお肌への副作用だけでした。

 

 

カラダに重大な問題が発生した、という報告はなく、国民消費者センターにもそのような事実はありません。

 

 

 

クリアネオは医薬部外品という分類なので、万が一副作用があっても、呼吸困難や発熱などの重篤なアレルギー反応が出るといったことはないと言えるでしょう。

 

 

 

では、唯一出てしまう可能性のあるかぶれや肌荒れですが、この原因は何でしょうか?

 

 

考えられる理由は以下の通りです。

 

 

  • アレルギー反応
  • 肌荒れ

 

 

 

 

 

 

アレルギー反応

 

アレルギー反応と一口に言っても、その原因や症状の重さも人それぞれです。

 

クリアネオに限らず、紫外線や他の化粧品、スキンケア、食べ物・花粉、それらの組み合わせなど…

 

 

クリアネオは基本的には天然成分で配合されているので、アレルギーはほとんどありませんが、実は、『100%ない』とは言っていません。

 

 

(100%の商品はこの世に存在しませんが…)

 

 

なので、クリアネオに含まれる成分にカラダが合わないといった可能性は0.0?といった確率ですが、あるのは仕方のないことです。

 

 

 

 

 

 

肌荒れによるもの

 

ご自身の肌がそもそも荒れてしまっている場合、クリアネオのような低刺激のクリームにも過敏に反応してしまうことがあります。

 

 

この場合は、クリアネオどころか、どんな商品も受け付けないでしょうから、まずは肌荒れの改善をした方が良いでしょう。

 

肌荒れを治すだけで、臭いや皮脂・汗が軽減することも十分あります。

 

 

詳しくは以下の記事をどうぞ↓

 

 

 

 

 

 

 

どちらも『ほぼ出ない』

 

人差し指を立てるナース

 

 

と、ここまでコワイ話をしてしまいましたが、クリアネオでアレルギー反応や肌荒れを起こす確率はまさしく『事故』そのもの。

 

通常は考えられない確率です。

 

 

しかも、重大な被害は一件も起きておらず、医薬部外品である以上これからも起きないでしょう。

 

 

確率・症状の重さから考えても、クリアネオの副作用はないと言えるでしょう。

 

 

 

 

 

 

パッチテストは欠かさず

 

手の甲でパッチテスト

 

 

ですが、万が一ということもあるので、クリアネオを使用する際には、必ず一度テストをしましょう。

 

  1. 太ももや手の甲など、体の一部にクリアネオを少量塗る
  2. そのまま放置して、半日ほど過ごす
  3. かぶれ、痒み、肌荒れ等なければ本格的に使い始める

 

 

こうして使い始めればさらに安心ですね。

 

 

 

 

 

 

安心の返金保証

 

さらに、クリアネオには返金保証もあります。

 

これは、『それでも、僅かな確率で肌に合わなかった人』への配慮も忘れていない証拠ですので、安心ポイントと言えます。

 

  • まず副作用はない
  • あっても軽度
  • 返金にも対応

 

 

3つの視点から、クリアネオの副作用に怯える心配はありません。

 

安心してお買い求め下さいね。