※お知らせ※



クリアネオが従来のボトルタイプからチューブタイプになり、さらに使いやすくなりました!
詳しくは公式サイトにてご確認下さい

クリアネオは医薬部外品なの?

 

 

ワキガや加齢臭、すそわきがの消臭に効果が期待出来ることで人気のクリアネオシリーズ。

 

クリアネオシリーズには3つの商品が存在します。

 

  1. クリアネオクリーム
  2. クリアネオボディソープ
  3. クリアネオパール(女性用美容ボディソープ)

 

 

これらは全て医薬部外品なのでしょうか?

 

 

答えはNOです。

 

 

こちらは公式サイトより抜粋したものですが、クリアネオクリームにはしっかりと『医薬部外品』の表記がされていることが分かります。

 

 

ですが、クリアネオのボディソープであるクリアネオボディソープとクリアネオパールに関しては、医薬部外品の表記はないので、通常の化粧品扱いになっていることが分かりますね。

 

 

 

クリアネオクリーム→医薬部外品

 

クリアネオボディソープ→化粧品

 

 

 

消臭効果をより期待したいのであれば、ボディソープよりもクリームが良い、という事です。

 

 

 

 

 

 

 

医薬部外品ってどういうこと?

 

医薬部外品のクリーム

 

 

よく耳にすることはあるかと思いますが、そもそも医薬部外品とはいったいなんでしょうか?

 

 

一般的な市販のスキンケア用品は薬事法により、

 

  • 医薬品
  • 医薬部外品
  • 化粧品

 

 

のどれかに分けられていて、効果・効能の範囲が明確に分かれています。

 

 

 

 

 

医薬品とは

 

医薬品には大きくわけて、病院などで使う医療用薬品と、薬局などで手に入る一般用医薬品があります。

 

細かく分類すると、家庭用の医薬品も第一次、第二次…とありますが、ここでは割愛します。

 

 

医薬品の目的は、『病気の治療』です。

 

厚生労働省から効果が認められた成分を配合していて、その効果は確かですが、スキンケア用品で見かけることはあまりないかもしれません。

 

 

 

 

 

 

医薬部外品とは

 

クリアネオなどの通販商品では、この医薬部外品はよく見かけるかと思います。

 

市販のスキンケア用品にも、注意してみれば医薬部外品の表記があるものが多いことに気がつくかと思います。

 

 

この医薬部外品ですが、かみ砕いて言えば医薬品よりは効果が薄いもの。

 

治療とまではいかず、「防止」や「使い続ければ、まぁ改善するよ」といった程度の商品ですね。

 

 

ちなみに『薬用〇〇』という表記は医薬部外品の1つであると考えて問題ありません。

 

 

もちろん、医薬品の劣化ということではなく、副作用の心配もそれ相応に減ります。

 

医薬品は、体に合わないと深刻な事態になる可能性がありますが、医薬部外品でそこまでひどくなる心配はほとんどないでしょう。

 

 

 

 

 

 

化粧品とは

 

医薬品・医薬部外品の表記がない市販のスキンケア用品は『化粧品』になります。

 

立ち位置で言えば医薬部外品のさらに下になり、『肌が改善する』『臭いに効果がある』『殺菌できる』『防止できる』といった効果すら認められていないものになります。

 

 

薬用ではないリップクリームなどが思い当たるでしょうか。

 

 

市販のデオドラントスプレーなども化粧品である場合もあります。

 

もしもクリアネオ以外の市販デオドラント商品を購入する際でも、化粧品なのか医薬部外品なのかを気にした方がより効果を期待出来ると言えるでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

 

当然ながら、同じ医薬部外品・化粧品でも、その中で効果の高いものと低いものがあります。

 

医薬部外品よりの化粧品や、医薬品に近い医薬部外品といった具合です。

 

 

そして、多くの商品はその立ち位置が高くなればなるほど、比例して値段も上がっていく傾向にあります。

 

 

クリアネオをはじめとした、ネット通販の人気商品はどれも医薬部外品。その中でもより効果のあるものといえますね。

 

クリアネオは『国産』医薬部外品とされ、信用できない成分は含まれないように配慮されていますので、さらに安心できそうです。

 

 

市販では実感出来ない実力なので、是非一度お試し下さい。

 

 

 

※今だけ返金保証・送料無料↓