※お知らせ※



クリアネオが従来のボトルタイプからチューブタイプになり、さらに使いやすくなりました!
詳しくは公式サイトにてご確認下さい

クリアネオの効果がなくなる3つの理由

困っているひよこのイラスト

 

 

「今まではクリアネオを塗ったら効果があったのに、ある時期を境に効かなくなった!」

 

 

同じクリアネオを同じように使っていても、このように効かなくなってしまうことがあります。

 

クリアネオが効かなくなる原因と、効かなくなった時の対処法をご紹介していきます。

 

 

 

 

 

 

1・環境の変化

 

新入社員

 

 

クリアネオが効かなくなった時期に、環境が大きく変化していることがあったりしませんか?

 

 

  • 職場が変わった
  • 就職した
  • 進学した
  • クラスが変わった
  • 彼女・彼氏と別れた
  • 住む場所が変わった

 

 

人間は新しい環境に置かれたり、今までの安心していた環境がなくなったりすることに強いストレスを感じます。

 

そしてストレスは体臭を悪化させる原因にもなりますので、クリアネオを今までのように使っていても効果を感じられないことがあります。

 

 

また、学生さんが就職などをした場合、最初は慣れずに睡眠の質や時間が変化したりすることもあるでしょう。

 

食生活もコンビニのお弁当ばかりになったりもしがちです。

 

 

こういった生活習慣の変化が、ホルモンや体質の変化をもたらし、ワキガや体臭を悪化させることもあります。

 

極端な話、人前で緊張すれば、余計に汗をかいたりしますよね?それと同じように、常に同じ体ではない、ということです。

 

 

 

 

 

 

2・体質の変化

 

ニワトリの成長過程

 

 

中学生~高校性あたりから成人にかけては成長期にあたります。

 

成長することで、ワキガの原因にもなるアポクリン汗腺が増えたり強力になったりしますので、今までと同等のケアでは汗腺の方が勝ってしまうことも考えられます。

 

これはもちろん成長期を過ぎた方にも当てはまります。

 

更年期や加齢臭などを考えてもわかるように、体質は様々な年代で変わったりもします。出産なども大きく体質が変わることもありますね。

 

 

 

こういった体質の変化も、クリアネオが効かなくなった原因になっているかもしれません。

 

 

 

 

 

 

3・神経質になる

 

自分の体が気になる女性

 

 

クリアネオが効かなくなったことにより、以前より自身の臭いに敏感になってしまっていませんか?

 

 

臭いを気にし始めると、当然ストレスを感じます。

 

神経質になりすぎることで、さらに臭いが悪化…といった悪循環もありますので、必要以上に気にするのも考えものかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

クリアネオが効かなくなったらどうしたらいい?

 

クリアネオの効果を感じられなくなった場合、以下の4つの対処法を試してみましょう。

 

 

  1. 生活習慣の見直し
  2. 違うデオドラント商品の検討
  3. ボディソープも使ってみる
  4. 手術

 

 

 

 

 

 

生活習慣の見直し

 

和食

 

 

食生活や睡眠など、生活習慣が変わったという点に心当たりがあるようなら、直せるところは直しましょう。

 

睡眠時間などはどうしようもないかもしれませんが、1番に変えたいのは食事です。

 

 

油物や肉類・アルコールやタバコなどはわきがを悪化させる原因になります。

 

 

逆に、

 

  • 抗酸化作用がある食材
  • 体内でアルカリ性になる栄養素(ナトリウム、カリウム、マグネシウム、カルシウム)を多く含む
  • ニオイを抑える効果を持つ食材
  • ビタミンA、C、E(栄養素で抗酸化作用・活性酸素除去作用があるもの)

 

 

こういった食事を摂ることで、臭いの改善に繋がります。

 

クリアネオだけに頼らず、体質の改善もしっかり考えてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

 

違うデオドラント商品の検討

 

体質が変わったことを原因とするなら、合う商品が変わっていることもあります。

 

クリアネオは実力のある商品ですが、稀に体質的に合わないことがありますので、違う人気のデオドラント商品に切り替えてみても良いかもしれません。

 

 

例えば、クリアネオと並んで有名なニオイケア商品として、「ノアンデ」や「ラポマイン」などがあります。

 

 

『ノアンデ』

 

 

『ラポマイン』

 

 

 

金額としてはそこまで大きな差があるわけではありませんから、別の商品を試してみたらあっさり改善した…なんていう可能性もあります。

 

もちろん、クリアネオ同様に返金保証もありますので、安心してお試しできるかと思います。

 

 

 

 

 

 

クリアネオボディソープも使ってみる

 

クリアネオ同様に評価が高く人気なのが、クリアネオのボディソープとクリアネオパールです。

 

 

ニオイに特化しているのは男性用ボディソープで、美肌成分などもお求めであればクリアネオパールをオススメします。

 

口コミでもクリアネオの公式サイトでも、「合わせて使ったらニオイがなくなった!」という効果も期待出来るようです。

 

 

今までクリアネオで効果があったのですから、体質改善と合わせて考えれば、元通りニオイがなくなることは十分すぎるほど考えられますよね。

 

 

ボディソープはこちらからどうぞ↓
【クリアネオ ボディーソープ】

 

女性用ボディソープ『クリアネオパール』はこちらです↓
女性用ボディーソープ【クリアネオパール】

 

 

 

追加で商品を買うのは抵抗があるかも知れませんが、そうでなければ残る方法は後述する本格的な手術になります。

 

それこそ数万円単位の費用がかかるので、まずはこういったデオドラント商品を試す。そして効果がなければ最終手段を考える。というように段階を踏む方が無難かと思います。

 

いきなり手術へと飛び込むのは勇気と費用のいる行為でしょう。

 

 

もしボディソープ1つで再びニオイが改善すれば、ストレスもなくなり、良い循環が始まります。

 

 

特に、クリアネオが効かなくなったと言っても、そこまで全く効果がなくなったワケではなく、「なんとなく以前より効かなくなったなぁ」程度であれば、ボディソープ1つで改善することは十分に考えられる事です。

 

 

 

 

 

 

ワキガ手術

 

病院

 

 

もし上記に挙げた対策を網羅しても効かなくなった場合、最終的な方法はアポクリン汗腺を取り除く手術になります。

 

 

重度のわきがの場合、腋臭症という病気なので、形成外科で保険内で手術できます。

 

「メスでの切開はちょっと…」という場合は、美容整形外科で保険適用外の手術があります。(300,000円前後)

 

 

もしも生活習慣の見直しや別のデオドラント商品・ボディソープ等で改善できるのであれば手術までする必要はありませんが、どうしてもという場合には考えた方が良いかもしれませんね。

 

 

 

 

 

 

 

おわりに

 

クリアネオが効かなくなった!という理由で、定期便を解約することはあまりオススメできません。

 

 

というのも、確実に効いていた期間はあるはずなので、ちょっとした見直しで再び以前のようにクリアネオでケアできる可能性はあるからです。

 

そういった場合、クリアネオをいったん休止することもできますので、そちらの利用を検討されてみても良いかもしれません。

 

 

詳しくはこちらの記事をどうぞ。

 

クリアネオの定期便のお休み方法と再開方法