※お知らせ※



クリアネオが従来のボトルタイプからチューブタイプになり、さらに使いやすくなりました!
詳しくは公式サイトにてご確認下さい

クリアネオって、妊娠中・授乳中に使える?

妊娠している女性のお腹

 

 

ご懐妊、おめでとうございます。

 

 

妊娠を機に、ホルモンバランスが代わり、汗をかくやすくなったり、ちちがやすそわきが、乳首や陰部の黒ずみが気になってしまうことがあるかと思います。

 

『今までワキガなんて言われたことなんてないのに…』なんて思うし、『これからこんな体臭なの?』なんて不安になりますよね。

 

 

そこで、有名デオドラント商品であるクリアネオの使用を考えるかと思いますが、果たしてクリアネオ妊娠中や授乳中でも問題なく使える商品なのでしょうか?

 

 

自分だけの体ではないので、慎重に考えたいところです。

 

 

 

 

 

 

成分的には問題なし

 

結論から申し上げれば、クリアネオを脇に使う事はもちろん、陰部やチチガに使ったとしても、体や赤ちゃんに悪影響が出ることはありません。

 

 

クリアネオは天然由来の成分で配合されており、人工添加物はもちろん、アレルギー反応も稀、口に入れても問題のない商品となっております。

 

公式サイトでも、『クリアネオは妊娠などの変化によるすそわきがやチチガを想定した商品』とされていますので、赤ちゃんにもお子様にも、安心して使用できると言えるでしょう。

 

 

もし不安であれば、先に見えない部分でパッチテスト(少量塗って、効果を確かめる)を行ってから使うと良いかと思います。

 

 

 

 

 

 

注意!チチガに使う場合

 

ですが、いくら安全とは言っても、口や体内に入れるのは抵抗があるかと思いますし、その注意深さは必要だと思います。

 

 

気を付けたいのは出産後の授乳です。

 

出産から3ヶ月ほどは、おおよそですが授乳間隔が3~5時間おきになります。

 

 

クリアネオは朝塗ったら夜まで持続するほどの成分を含みますので、赤ちゃんの口にも成分が入ることになりますよね。

 

クリアネオに限らず、、全てのデオドラント商品やオーガニック商品は『ほぼ安全』というだけで、100%アレルギー反応が出ないとは約束されていません。

 

クリアネオの僅かな危険性

 

 

もちろん、言葉通り『万が一』ではありますが、それを考えたら乳輪周辺にクリアネオを塗るのは考えた方が良いかもしれませんね。

 

 

 

 

 

 

より安全を考えるなら

 

クリアネオの使用を検討している・または妊娠前から使用しているというのであれば、クリアネオのクリームよりもさらに安全な『クリアネオパール』の使用がオススメです。

 

 

医薬部外品であるクリアネオに対して、ボディソープのクリアネオは化粧品に分類されるので、より体に害のない成分しか配合されていません。(医薬品>医薬部外品>化粧品の順で、効果も副作用も強力になります)

 

防臭・黒ずみへの効果もしっかり期待出来るうえに、赤ちゃんへの影響は限りなく無いので、こちらを検討してみてはいかがでしょうか?

 

 

確かな美容成分で、産後のお肌も美しくしてくれますよ。

 

 

ボディソープについては別館へどうぞ

 

クリアネオの値段、購入についてはこちら

 

 

 

 

 

なんで妊娠すると体臭がキツくなるの?|クリアネオの効果

 

女性の骨盤周り

 

 

余談になりますが、今まで臭いなんて無縁だったハズの体が、どうして妊娠を機に変わってしまうのでしょうか?

 

ここでは、妊娠によってワキガや黒ずみができる原因をご紹介していきます。

 

 

 

 

 

 

妊娠でワキガになる原因

 

まず前提として、ワキガになる可能性は誰にでもあります。

 

ワキガとは、人が本来持っている『アポクリン汗腺』が活発になることによって起こります。思春期などに発症しやすいのはこのためですね。

 

 

女性は妊娠するとホルモンバランスが乱れます。

 

ホルモンバランスの乱れはアポクリン汗腺の働きを今までよりも活発にする可能性があるので、それが引き金となってワキガや体臭が発生することがあります。

 

乳腺が汗腺を刺激するという説もあるようです。

 

 

また、出産直後は免疫力が低下するので、菌が繁殖しやすい体質になってしまうんですね。

 

 

 

 

 

 

黒ずみの原因

 

出産を機に、肌のシミやそばかす、陰部や乳頭の黒ずみ(色素沈着)が目立ってしまうケースはかなり多いようです。

 

 

こちらも悪さをしているのはホルモンバランスです。

 

プロゲステロンとエストロゲンという女性ホルモンの増加により、メラニン色素が増えるのが原因。特にワキや乳首、外陰部はメラニン色素がもともと多くあるため、黒ずみやすい部分でもあります。

 

詳しくは、スキンケア大学様のサイトにて掲載されているので、参考にしてみて下さい。

 

 

 

 

 

 

まとめ

 

ソファで横になる妊婦さん

 

 

  • クリアネオは妊娠中でも問題なく使用できる
  • 授乳中は乳頭への使用を控える
  • クリアネオよりも安全なボディソープの使用を推奨

 

 

特に、黒ずみにはクリアネオクリームよりもボディソープであるクリアネオパールの方が向いているようです。

 

しっかり臭いケアして、母子ともに健やかな毎日を送りたいものですよね。

 

 

大切なお体、どうかご自愛下さいませ。