※お知らせ※



クリアネオが従来のボトルタイプからチューブタイプになり、さらに使いやすくなりました!
詳しくは公式サイトにてご確認下さい

チチガと食生活の関係性|本当に症状に影響はある?

空っぽのお皿とスプーン

 

 

近年、ワキガの症状と食生活は密接な関係があると考えられるようになりました。

 

『欧米化が進んでいて、それに伴いワキガ人口も増加している』という研究報告もあります。

 

日本が大きく変化した事と言えば食生活もその1つですからね。

 

ワキガ増加の原因は?

 

 

あなたが普段何気なく口にしている食べ物、実はチチガを悪化させているかもしれません。

 

ここでは、チチガ食生活の関係、チチガ改善に向いている食生活についてご紹介していきます。

 

 

 

 

なんで食生活が体臭に影響するの?

 

 

ワキガやチチガの原因となるのは、通常の汗腺とは違う、『アポクリン汗腺』と呼ばれる汗腺から出る汗です。

 

この汗を細菌が食べることによってチチガ臭が発生しますが、その悪臭の発生サイクルに食生活が影響を及ぼすということですね。

 

 

とは言っても、勘違いしてはいけないのが、何も食べる物によってアポクリン汗腺が増殖したりするという事ではありません

 

アポクリン汗腺の数は生まれながらに決まっていますから、増えたり減ったりはしないんですね。

 

 

では、なぜそれで食生活がチチガのニオイ悪化に関係しているのでしょうか?

 

その理由は2つありそうです。

 

 

 

 

アポクリン汗腺を刺激されるため

 

 

後述しますが、ワキガを悪化させる栄養素として良く挙げられるのが動物性タンパク質や脂質です。

 

これらを積極的に摂ることで、アポクリン腺一つ一つの分泌活動が刺激されて「より強いワキガ臭」を発生するようになること言うことが明らかになっています。

 

 

増えはしないけど、活発になる。

 

何でもそうですね、例えば、目に良い食べ物を食べれば目が良くなりやすいし、辛い物を食べれば汗腺が活発になり、汗をかきやすい。

 

アポクリン汗腺には、動物性タンパク質と脂質が元気の源になる、ということです。

 

 

 

 

体臭そのものが悪化する

 

 

もう一つ、実はワキガには直接関係ないのですが、こちらが広く知られています。

 

それは、『ワキガではなくて、単純に体臭が悪くなる食生活』です。

 

 

通常、健康な人の血液はph7.36~7.44の「弱アルカリ性」にあります。

 

これが酸性に傾きやすい状態になると、体の抵抗力が落ち、さまざまな不調や病気になりやすい状態となり、同時に体臭も悪化させます。

 

 

純粋に体臭が悪化するのですが、それが『ワキガやチチガを悪化させる』として捉えられています。

 

まぁ、臭くなるので、同じ事と言えば同じ事ですが…

 

 

ですから、ワキガ予防と言うより、体臭予防のためには常に「アルカリ傾向」に保つことが大切です

 

 

 

 

 

チチガを悪化させる食べ物と、改善に一役買う食べ物

 

和食のイラスト

 

 

先ほどの話をまとめるなら、

 

 

  1. アポクリン汗腺に直接影響がある食生活
  2. 体臭に悪影響のある食生活

 

 

に分けられますが、ここではどちらも一括りにしてお話ししますね。

 

いずれにしても、ニオイが悪化するのは嫌なので、良い食生活、悪い食生活の傾向を把握しましょう。

 

 

 

 

体臭悪化待ったなし?悪い食生活

 

 

以下に挙げる物を普段から摂取してたり、食生活を過ごしていたりすると、体臭が悪化orアポクリン汗腺が活発になります。

 

 

ニオイの強い食べ物

 

ニンニクやニラ、香辛料など、食欲をそそりそうな香りの強い食べ物は、血液中にニオイの物質が溶け込み、体臭が悪化します。

 

 

動物性脂質を好む

 

ラードやバター、肉類や揚げ物、いかにも欧米人が好みそうな食事は、アポクリン汗腺を刺激して活発にしてしまうどころか、肌も油っぽくなるので余計に悪いでしょう。

 

 

化学調味料を好む

 

市販のお菓子や、コンビニのお弁当、ジャンクフードなども当然良くありません。

 

 

アルコールやタバコ

 

喫煙、飲酒の多い方は内臓が痛むこともあり、体臭が悪化します。口臭にも影響があるので、ほどほどにしましょう。

 

 

胃を休ませない

 

内臓が疲れてしまうと、消化が悪くなり、体に老廃物が溜まります。消化に悪い食べ物を食べ続けたりしないで、たまには消化に優しい物を食べるなどしましょう。

 

 

不規則に食べる

 

夜中に食べたり、食べない時間があったりしても、体臭が悪化するというデータがあります。間食も避けたいところ。

 

 

甘い物が好き

 

同様に、脂質、糖質は避けましょう。間食にケーキ、なんてもっての他です。

 

 

 

 

 

ちちが体質に向く食生活

 

 

ちちがを食い止めるには、以下のような食生活を心がけましょう。

 

 

オリーブオイルを積極的に使う

 

良くある市販のえごま油やサラダ油よりもオリーブオイルがお勧めです。

 

抗酸化作用を持ちますので、体が酸性に傾くのを阻止します。

 

 

味付けは濃すぎないように

 

舌はバカになるものなので、濃くしてもどんどん慣れていきます。薄味を心がけ、香辛料などは避けましょう。

 

 

欧米食は極力避ける

 

魅力のある欧米食ですが、チーズ、ラード、肉、油、糖質、濃い味とやりたい放題です。

 

和食こそ正義、とまでは言いませんが、積極的に摂るのはやめましょう。

 

 

規則正しく食べる

 

仕事などで難しいかもしれませんが、夜中に食べたりして老廃物を溜め込まないように心がけたいところです。

 

 

内臓を休ませる

 

時には消化に良い食べ物を食べたり、療法食などにして、胃が疲れてると感じたらケアしましょう。

 

 

チチガ改善に効果的な食べ物

 

 

  • うめぼし
  • レモン
  • アセロラ
  • オリーブオイル
  • しいたけ
  • 緑茶
  • めかぶ
  • 抗酸化作用のある食べ物
  • アルカリ性の食べ物
  • 脂質の少ない食べ物

 

 

 

 

食生活で改善は難しいけど…

 

胸の臭いが気になる女性のイラスト

 

 

『もうわけわかんない!』

 

『そんなに気を付けなきゃダメなの?』

 

 

なんて思いましたか?

 

その通りですね。

 

これら全て気を付ける、避けるとなると、専属のトレーナーさんでも必要になりそうです。

 

もちろん、徹底しなくてもOKです。簡単に言えば、『体に悪そうな食生活をしない』というイメージです。

 

 

と言いますのも、いくら食生活を改善したところで、どれほどチチガ改善に影響があるのかというと、少々心許ないからです。

 

当然、完治はしませんし、あくまで『予防』とか『悪化しないように』くらいの感覚でしかありません。

 

 

ニキビに困る人が、いくら脂を避けても出来てしまうように、

 

太らない人が何を食べても太らないように、

 

薄毛の方が何をしても食い止められないように、

 

 

チチガもまた、その大きな部分は体質であって、食生活を変えてもその効果はいかほどのものか、ということです。

 

(もちろん、だからといってやりたい放題な生活をしたら悪化はしますが^^;)

 

 

改善は難しいのに、ちょっと気を許すと悪化は早い…生活習慣なんてそういうものなんですね。

 

 

そのため、食生活を気を付けるのは前提に、それ+αでケアをしてあげて、始めて症状は軽く、良くなっていきます。

 

 

そこでお勧めなのが、クリアネオのようなワキガやチチガ、すそがの専門消臭グッズです。

 

特に、シリーズであるクリアネオパールはボディソープなので、いつものボディソープをクリアネオパールに切り替えるだけでチチガの改善に繋がります。

 

 

 

クリアネオパールには次のようなメリットがあります。

 

 

  • 毎日のボディソープを変えるだけなので、食生活の改善より簡単
  • チチガだけじゃなくて、全身のニオイケアに使える
  • 黒ずみも改善出来る
  • 食生活、生活習慣と合わせれば、確実にニオイが軽減していく
  • 美肌にもなるので、キレイになる
  • 天然成分で、敏感肌、乾燥肌でも使える

 

 

食べ物は徹底しても大きな効果は見込めませんし、逆に気を遣いすぎてストレスになってしまう事もあります。

 

それよりも、こういった専門のケア商品に頼るところは頼って、快適にチチガと向き合って行くのが賢いと言えますね。

 

 

普通、こういった専門のケア商品は5000円~10000円と、おいそれと手を出せる値段ではありませんが、

 

 

クリアネオパールなら、たったの2980円(1~2ヶ月)です。

 

お値段も安いですし、返金保証もついています。手軽にケア出来るので1つ使ってみてはいかがでしょうか?

 

 

今だけ!大特価セール中↓

 

 

 

→別館【クリアネオボディソープの口コミ】はこちら